脇脱毛は黒ずみを解消する?!

ムダ毛処理は全身丁寧に行っておきたいですが、特に脇は目立つ部分ですので、ノースリーブや水着を着るときはできるだけきれいに処理しておきたいものです。

脇は自宅で行う処理方法では剃刀や毛抜きが便利です。

でもこうした処理を繰り返していると肌が傷み、どうしても黒ずみが目だってしまいます。
それゆえにせっかく脱毛をしても黒ずみが気になって、ノースリーブを自信を持って着用できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

剃刀や毛抜きで処理を続けているとどうしても色素沈着しやすくなりますが、これは剃刀などの刺激から肌を守るためにメラニン色素が発生するからだとされています。
かといって、ムダ毛を処理せずそのまま放置していくわけにはいきません。

より美しく脇脱毛をするのであれば、やはりプロによる施術を選んでいきたいものです。
エステサロンでは光、そして医療機関ではレーザーやニードルによる処理が行われていますので、まずは好みに合う施術を選んでいきましょう。

レーザーや光の場合は照射するだけですので、肌を傷めずに処理できますし、毛根からしっかり処理できるようになりますので、毛根による黒さも取り除くことができます。

そしてエステサロンでは脇脱毛を行ったあとに専用のジェルやローションでしっかり保湿ケアを行ってもらうことができますので、そうしたケアも脇の肌をきれいにしていくのに役立ってくれるものです。

そして脱毛が完了すれば、お手入れも必要なくなりますので、肌への負担も減り、自然と美しい肌が蘇っていくことも期待できます。

黒ずみを回避したいなら脱毛サロンの方が良い?

自分で脱毛を処理する人は多いのですが、気になるのは処理後の黒ずみ。
特に脇の下は黒ずみやすい場所なので要注意です。
黒ずみは多くの場合「肌のダメージ」が原因なのですが、毛抜やカミソリで自己処理していると「色素沈着」、
すなわち黒ずみが発生しやすくなります。
これは人体が自分の肌を守ろうとして、メラニン色素が発生するためで、
化粧水などでアフターケアを行っても、発生してしまうようです。
では、どの処理の方法が黒ずみを軽減しながら脱毛できるのでしょうか。
脱毛サロンなどで行っている「レーザー脱毛」や「光脱毛」が黒ずみの発生が少ない脱毛と言われています。
脱毛サロンの多くは「毛周期(毛が生え続ける時期、まったく生えない時期など毛のサイクルのことを呼びます)」
に合わせて効率的に脱毛を行いますので、まず第一に処理回数が非常に少なく済みます。
また、レーザー脱毛、光脱毛はお肌への負担がピンポイントで済み、
カミソリなどで発生する肌の摩擦も無いため、色素沈着が起こりにくくなります。
短期間で肌の負担も少なく、更にプロの施術となれば、自己流の脱毛処理よりも、
圧倒的に「色素沈着(=黒ずみ)」が少なく済むと言えるでしょう。
最近は家計に嬉しい価格のサロンや、部位ごとに安く施術してくれるサロンなど通いやすい環境が増えてきています。
ツルツルで美しい肌を手に入れるためには脱毛サロンをおすすめします。

 
要チェック!脇脱毛モテコレの詳しいことを知りたければこちらから。